会社四季報の見方
GMOクリック証券

ROA(総資本利益率)とは?

ROA(総資本利益率)とは、企業の経営効率性をはかる指標の一つです。
ROAの頭文字「リターンオンアセット(Return On Asset)」からこう呼ばれています。

会社四季報のROA

似たような指標に、ROE(自己資本利益率)があり、会社四季報にも【指標】欄にROEとROAは並んで掲載されています。

ROAの指数を見ることで、企業が総資本(総資産)をいかに上手く使って利益を生み出しているか、その効率性を知ることができます。

よく、「総資本利益率」とか「総資産利益率」とか「総資本経常利益率」という人もいますが、基本的には意味はすべて同じです。
「資本」と「資産」は言い方が違うだけで同じものです。

ROAが高いほど、効率的に利益を生み出せていると言えます。
原則的にはROAは高ければ高いほどいいです。(注意点については後述します)

ROEの説明と似てしまうので恐縮ですが、実はROEとROAは非常によく似ています。

指標名 日本語 意味
ROE 自己資本利益率 株主から預かったお金でどれだけ利益を出しているか?
ROA 総資本利益率 すべての資産を使ってどれだけ利益を出しているか?

ROAの計算方法

ROAの計算式

ROAの計算方法も、ROEと酷似しています。

ROE = 当期純利益 ÷ 総資産 × 100

です。

計算式に自己資本(株主から預かったお金)を使うか、総資産(会社のすべてのお金、総資本)を使うかの違いです。

どの利益を使う?

ROAのことを「総資本経常利益率」という人もいます。
これも間違いではありません。

ROAの計算をおこなう時に、「当期純利益」ではなく「経常利益」を使って計算する人もいるからです。このあたりは結構適当なので、自分の好みでどの利益を使うか決めてしまって構いません。

経常利益と当期純利益の意味や違いについては「未来の業績予想も開示!会社四季報の【業績】の見方」をご覧ください。

ただし、会社四季報では「当期純利益」を使って算出しているので、上記で紹介した計算方法が一般的なROAの計算式といえるでしょう。

注意!ROEとROAの違い

ROAの数値を見る上で、一つ注意しなければならないことがあります。

自己資本とは、株主から預かったお金のことです。
つまり、私たちの自分のお金や財産だと思ってください。

総資本(総資産)とは、会社のすべての資本です。
企業の総資産は主に、自己資本と銀行からの借入(負債)で成り立っています

あなたの財産に例えると、自己資本に加えて、「銀行からの借金」、「まだ払い終えていないクレジットカードの分割払い」、「住宅ローン」など、すべてを足したものが総資産です

会社を経営する上で、借金は決して悪いことではありません
上場企業でも、有利子負債(借金)を抱えた会社は山ほどあります。

  • ROEは自己資本によってどれだけ利益を生み出したか?
  • ROAは総資産によってどれだけ利益を生み出したか?

この違いだけなので、どちらも効果的な指標であることには変わりありません。
しかし、ROAには「ダマシ」が存在します。

ROAのダマシ、借金だらけの会社も

ROEとROAの違い・比較

ROAの数値が高いほうが効率的に経営できていることになります。
しかし、ROAが高いから安心とは限らないのです。

それは借金だらけの会社です。
自己資本がほとんどなく、多額の借金を使って利益を生み出していても、効率良く利益が生み出せてさえいれば、ROAは高くなります。

借金の必要性は業種によっても違いますが、このような「借金をしすぎている」会社には注意が必要です。
しかし、これは逆に「上手く借金をして少ない自己資本で効率よく経営できている」と言い換えることもできます。

ROEが同じ会社でも...
A社はほとんど借金せず利益を生み出していた(ROE5%、ROA5%)
B社は借金をして利益を生み出していた(ROE5%、ROA2.5%)

A社の方が優秀!

ROAが同じ会社でも...
A社は多くの自己資本を使って利益を生み出していた(ROE5%、ROA5%)
B社は借金しているが少ない自己資本で利益を生み出していた(ROE10%、ROA5%)

B社のほうが株主のお金を効率良く使えてる

ROE、ROAはどちらが良いわけではなく、両方の数字を見比べることが重要です。
また、両方の数字が高いほど経営効率がいいと言えますが、ROEが高いのに、ROAが極端に低い会社は多額の借金に頼りきって利益を生み出している可能性があるので注意が必要です。

ROEが高く、一見効率的な経営ができている会社でも...
ROEが50%、ROAは5%(一見ROEの高さに目を奪われるが、借金に頼りきっている)

この場合、自己資本はたったの10%、90%借金によって利益を生み出している。
株主の資本を効率よく使っていると言えるけど、ちょっと借金が多すぎて危ない...

まとめ

  • ROAは効率的に経営できているかをはかる指標(総資本利益率)
  • ROEは株主から預かったお金、ROAは全財産が計算対象
  • ダマシに注意!ROEとROAの両方の数値をじっくり見よう

この記事はお役に立ちましたか?
よろしければお友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ