会社四季報の見方
GMOクリック証券

株式会社の発行済株式数を知る方法

発行済株式数

株式会社が発行している株式の数「発行済株式数」は、会社四季報の【株式】の欄に記載されています。

発行済株式数は、時価総額や1株益を求める時の計算に使います。
会社四季報では、原則として優先株はカウントされません。

図は、トヨタ自動車(7203)の「会社四季報 2012年 夏号」のデータです。
「4/30」は2012年4月30日の時点のデータであることを表します。
トヨタの発行済株式数は34億4797万7千株ということがわかります。

発行株式数は変化する

企業の発行株式数は変化します。
例えば、株式分割をした場合や、増資によって新株を発行した場合です。

会社が過去に株式分割や新株発行をしたかどうかについては、資本異動の欄を見ると履歴が載っているので参考になります。

売買単位とは

会社四季報に書かれている「単位」は、株式市場で株の取引をする時の最低売買単位です。

例えばトヨタ自動車の売買単位は100株です。
現在の株価は3,200円ですが、「3,200円払うから1株ください」と言っても買えません。
100株単位なので、トヨタの株を買うには最低320,000円必要になります。

最低売買単位は、会社によって違います。
100株単位、1000株単位、1株単位が主流ですが、銘柄によっては50株単位のところもあります。

1株から買える「ミニ株」制度

トヨタの株を買う場合、最低32万円が必要ですが、証券会社によっては「ミニ株」(単元未満株)というサービスを提供しているところがあります。
(証券会社によって、ミニ株、プチ株、まめ株など呼び方が違います)

このミニ株制度を利用すれば1株単位で株を買えます
ミニ株は、お子さんに株式取引を学ばせたい方や、小額資金で株式投資を始めたい方にとって人気の高いサービスとなっています。

この記事はお役に立ちましたか?
よろしければお友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ