会社四季報の見方
GMOクリック証券

キャッシュフロー表の見方

キャッシュフロー表の見方

キャッシュフロー表

キャッシュフロー」とは、日本語で「お金の流れ」という意味があります。

キャッシュフロー表には、実際のお金の出入りが書かれているので、企業のお金の動きがどうなっているのかがわかります。
会社四季報にも【キャッシュフロー】の項目にその金額が書かれています。

キャシュフローには、主要な3つのキャッシュフロー(営業CF、投資CF、財務CF)と現金同等物、そこから導き出される「フリーキャッシュフロー」というものがあります。

()内は前期のキャッシュフローの金額を表します

営業キャッシュフロー(営業CF)

営業キャッシュフロー(営業CF)

営業キャッシュフローは、企業の収入の源泉となる部分です。
ビジネスによって得た収入と支出の差額を表します。

営業キャッシュフローがマイナスになっている場合は赤字なので、プラスになっているのが理想です。(会社四季報では「▲」がマイナスを表す記号です

【業績】欄で利益が出ていても、現金の回収が遅れると営業キャッシュフローはマイナスになる場合がありますし、逆に業績が赤字でも、前期分の売上を今期に回収した場合は、営業キャッシュフローがプラスになることもあります。

投資キャッシュフロー(投資CF)

投資キャッシュフロー(投資CF)

投資キャッシュフローは、設備投資によって支払ったお金のことです。
企業が工場を買ったり、新しく店舗を作ったり、別の企業の株を買ったりするとお金は流出しますが、すべて「モノ」に変わっただけです。

企業が成長するための設備投資のために使ったお金は投資キャッシュフローで表します。
つまり、投資キャッシュフローはマイナスであることが理想的です。
会社が設備投資をやめてしまったら、成長はそこで止まってしまいますから。

逆に、すでに保有している工場や店舗を売却した時は、その売却金額が現金で回収できるので、投資キャッシュフローはプラスになります。

投資キャッシュフローがプラスになっている時は、すでに投資していた対象物を現金化したということなので、疑う必要があります。
なぜなら、業績悪化が原因で工場や店舗を閉鎖するなど、事業規模を縮小した可能性があるからです。

財務キャッシュフロー(財務CF)

財務キャッシュフロー(財務CF)

財務キャッシュフローは銀行や社債等によって調達したお金です。
「新規借入分 - 返済分」の合計が財務キャッシュフローで表示されます。

銀行からお金を借り入れたり、社債を発行して投資家に買ってもらうと、会社には現金が入ります。会社の現金が増えたので、この時、財務キャッシュフローはプラスになります。

逆に、借入金を銀行に返済したり、社債を償還した時は財務キャッシュフローはマイナスになります。

現金同等物

現金同等物とは、「現金」と「換金性の高い資産」を合わせたもののことです。
換金性の高い資産とは、3ヶ月以内に現金に変えることができる資産であり、価値がほとんど変動しない資産のことを言います。

例えば、「金」や「銀行預金」がそれにあたります。
実際に企業が金庫に現金を持っているケースは少なく、現金のほとんどは預金資産だと思いますので、「現金同等物=現金」と考えて問題ありません。

ただし、「3ヶ月以内に現金に変えることができる資産」という条件があることから、「6ヶ月の定期預金」は現金同等物に含めることができません。

一見手持ちの現金が少ないように見えて、実は6ヶ月以上の長期定期預金にかなりの現金を預けていた。ということもあるのです。

フリーキャッシュフロー(フリーCF)

会社四季報には記載されていませんが、キャッシュフローにはもうひとつ「フリーキャッシュフロー」というものがあります。

営業CF + 投資CF = フリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローがプラスになっているということは、自社の商品・サービスを販売して得た利益(営業CF)を使って会社を成長させていく(投資CF)ことができる状態です。
つまり、銀行などの借入に頼ることなく、自分たちの力だけで会社を成長させ続けていくことができます。

逆に、フリーキャッシュフローがマイナスの状態は、自分たちが稼いだ利益だけでは設備投資に必要な費用をまかないきれないということになります。
このような状態ではいずれ現金は底をついてしまうので、銀行からの借金や社債発行のような財務CFにあたる部分を使って、現金を補充しているのです。

「借金」というと一般には悪いイメージがあると思いますが、企業経営の世界では借金はあたりまえのように行われます。
あまりに借入金が膨らみすぎるのは問題ですが、借金が増えることよりも現金が底をつくことのほうが重大な問題であると覚えておきましょう。

キャッシュフロー、なぜ大事?

投資家には、キャッシュフローを重視する人が多いです。それはなぜか?
企業同士の取引は「信用」によって成り立っています。

  • まず最初に商品やサービスを提供して、お金は後で回収する(売り掛け)
  • 先に商品やサービスを受けて、後でお金を支払う(買い掛け)

このような取引のことを「掛け取引」といいます。
企業間取引ではこのような「現金の後払い」があたりまえのように行われており、実際に直接的な現金取引をすることは少ないです。

ですので、どれだけ商品を売ってもお金が全然回収できていないことがあたりまえに起こります。
ですので、実際のキャッシュイン、キャッシュアウトがどうなっているかということに注目が集まるのです。

黒字倒産はなぜ起こるのか?

最近は黒字倒産する企業が多いと言われています。
売上や営業利益は順調に上昇しているのに、ある日突然倒産する。。。
そんなことがあたりまえのように起こりえるのです。
その原因は、先ほどの「掛け取引」にあります。

業種によっては現金の回収が遅い業種というものがあります。(例えば不動産など)
不動産業はビルを1棟売ると大きな利益になるビジネスモデルです。

ビルの売買契約が成立した時点で、その販売価格は売上や営業利益に経常されます。
しかし、実際に販売したビル1棟分のお金を一括で回収するのは困難です。
販売した不動産の利益を時間をかけて回収することになります。

その回収途中に、自社の経営が悪化してお金が底をついて倒産してしまったり、ビルを売った会社が倒産してお金が回収できなくなったり(貸し倒れ)することで、黒字倒産が起こってしまうのです。

利益は毎年しっかりと黒字になっているのに営業キャッシュフローが連続してマイナス(赤字)になっている企業は要注意です。

どれだけ利益が出ていても、手元にお金があるとは限りません。
手元にお金がなくなったらその時点で会社は倒産です。
だからこそ、「手元にどれだけのお金があるか」がわかるキャッシュフローが注目されるのです。

この記事はお役に立ちましたか?
よろしければお友達とシェアしてください。

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ