会社四季報の見方
GMOクリック証券

日本の証券取引所

日本の証券取引所一覧です。

2013年に東証と大証が経営統合し、株式会社日本取引所グループが誕生することが決まっています。

東京証券取引所

東京証券取引所
日本最大の証券取引所であり、世界3代証券取引所となる通称「東証」は国内では圧倒的な売買高を誇り、多くの企業が上場しています。東証一部上場企業は大企業の代名詞ですよね。

大阪証券取引所

大阪証券取引所
「大証(だいしょう)」と呼ばれている大阪証券取引所は、主に日経225先物取引や大証FXが活発です。任天堂や日本電産など、大証をメインに取引されている大企業もあります。

名古屋証券取引所

名古屋証券取引所
通称「名証」と呼ばれる愛知県名古屋市の証券取引所です。
東証、大証、そして名証を合わせて、日本の3大証券取引所と呼ばれています。

福岡証券取引所

福岡証券取引所
「福証」の愛称で親しみのある福岡証券取引所は、1949年に設立されて以来、九州の地元企業が中心となって上場している証券取引所です。新興市場にはQ-Boardがあります。

札幌証券取引所

札幌証券取引所
北海道札幌市にある札幌証券取引所は、1949年(昭和24年)に設立された取引所です。新興市場にはアンビシャス市場があり、地元企業などが上場しています。

新興市場

証券取引所の中には、ベンチャー企業のような新興企業を応援するために設立された新興市場が存在します。

マザーズ

マザース
東京証券取引所が運営する東証マザーズ市場には、現在も多くの企業が上場しています。新興系のベンチャー企業などはほぼすべてマザーズを上場先に選びます。

ジャスダック

ジャスダック(JASDAQ)
昔は、大阪証券取引所の新興市場に「ヘラクレス市場」がありましたが、大証が店頭市場だった「ジャスダック」を吸収したことで、ヘラクレスもジャスダックに統合されました。

セントレックス

セントレックス
名古屋証券取引所が運営しているベンチャー向けの新興市場がセントレックス市場です。
地元企業を中心に、これまでに35社が上場を果たしました。

Q-Board

Q-Board
福岡証券取引所の新興市場が「Q-Board」です。日本の証券取引所の中では唯一、英語の名称であり、地元のベンチャー企業などが上場しています。

アンビシャス

アンビシャス
北海道の札幌証券取引所が運営する新興市場が「アンビシャス市場」です。上場時の時価総額に審査基準を設けないなど、一定の配慮がおこなわれています。

この記事はお役に立ちましたか?
よろしければお友達とシェアしてください。

こちらの記事もおすすめです

カテゴリ