SBI証券を利用して無料で「会社四季報」を見よう

このエントリーをはてなブックマークに追加

SBI証券

会社四季報は3ヶ月に一度、最新版が書店に並びます。
しかし、ネット証券に口座開設をすることで、無料で会社四季報を見ることができます

証券会社への口座開設や維持費用は一切無料で、会社四季報も無料で閲覧できます。
新しい四季報の発売日には、自動的に最新版の四季報データに切り替わるので大変便利です。

SBI証券は、無料で会社四季報が読めるネット証券の一つです。
口座開設数は270万口座を越えており、国内ネット証券No.1の地位を築いています。

SBI証券で見る会社四季報

SBI証券で会社四季報を見る方法は2つ。
口座開設後の会員ページで見る方法と、取引ソフト「HYPER SBI」を使って見る方法です。

Web版

Web版会社四季報

Web版の会社四季報は、文字が整理されているので書籍で見るよりも情報が読みやすいのが特徴です。

「企業概要」、「財務状況」、「資本異動」の3つをタブで切り替えられるようになっていて、すべての四季報情報にアクセスできます。

気になる銘柄が見つかった場合も、その会社の株価や最新ニュース、チャートがすぐに見れるので大変便利です。

私が特におすすめしたいのは、『株主優待情報』や『モーニングスター社による評価レポート』、そして『クォンツリサーチ社による分析』です。

■株主優待情報
株主優待情報

■モーニングスター社による評価レポート
評価レポート

■クォンツリサーチ社による銘柄分析
銘柄分析

多くの個別銘柄がどう評価されているのか、プロの視点で分析結果がわかりやすく解説されているので、株式投資の初心者の方も勉強になると思います。

HYPER SBI版

HYPER SBI

取引ソフト「HYPER SBI」でも会社四季報が見れます。
各種情報をクリックすると、新しい画面が立ち上がり、情報が表示されます。

HYPER SBIは、株式市場の取引時間中にリアルタイムで株価が動くので、気になった銘柄があれば、その場で値動きを追いながら買い注文を出すことも可能です。

こちらは、取引ツールや詳細なチャート分析を主にしているソフトなので、取引をする時にどんな企業かちょっと確認したいという場合に利用するといいと思います。

個人的にはWeb版の会社四季報の方が見やすいです。

HYPER SBIには利用条件があります。

現物口座のみ開設している方:月1回以上の取引
信用口座を開設した方:無条件で利用可能

信用口座も無料で開設できます。
取引に慣れてきたら、信用取引をするかどうかは別として、口座を開設しておきましょう。

SBI証券の特徴

SBI証券の主なサービスをまとめます。

業界最安水準の手数料体系

SBI証券が人気の理由は、手数料の安さです。

業界最低水準の安い手数料、豊富な情報量、そして270万口座という多くの投資家の利用実績がSBI証券が評判の理由です。

手数料体系には、株式購入毎に手数料が発生する「スタンダードプラン」と一日の合計売買代金に応じて手数料が発生する「アクティブプラン」の2種類を選択できます。

■スタンダードプランの手数料体系

1注文の約定代金 手数料
10万円まで 145円
20万円まで 194円
50万円まで 285円
100万円まで 511円
150万円まで 611円
3,000万円まで 967円
3,000万円超 1,021円

■アクティブプランの手数料体系

1日の約定代金合計 手数料
10万円まで 100円
20万円まで 200円
50万円まで 450円
100万円まで 800円
以降100万円増加毎に 420円ずつ増加

取引しなかった日は手数料は発生しません。

取り扱い商品

■国内株式
国内に上場している企業の株式を売買できます。現物取引、信用取引にの両方が可能です。

■PTS取引
夜間取引です。株式市場が終了した夜も、夜間取引市場で値動きを見ながら株式の売買ができます。

■単元未満株 (S株)
いわゆる「ミニ株」です。資金が少なくて変えない銘柄(100株単位の銘柄など)も1株単位から買うことができます。株式投資の初心者におすすめです。

■外国株式
SBI証券では、アメリカ、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシアの取引市場に上場している株式を購入することができます。
たとえばマイクロソフトやインテル、ディズニーの株も買うことができます。

■投資信託
SBI証券では、1,200本を越える投資信託を取り扱っています。
手数料無料の「ノーロードファンド」の数も非常に多いので、選ぶのに困ってしまうぐらいです。

■FX(外国為替証拠金取引)
最近流行っている外国為替の取引(FX)です。

■先物・オプション取引
デリバティブ取引と呼ばれる日経225先物やオプション取引も揃っています。

その他にもCFDやワラントなど、SBI証券の口座を一つ持っておけば、投資商品には困らないというぐらい沢山の金融商品を取り扱っています。

もちろん、一切取引をしなくても口座開設や維持にかかる手数料は無料なので、会社四季報を無料で見るという目的だけでもSBI証券の口座を持つメリットは大きいと思います。

セミナーや動画が豊富

SBI証券は、投資の初心者から多くの支持を得ています。
その理由としてあげられるのは、セミナーや投資情報の豊富さです。

初心者入門から本格的なセミナー、株式市況の情報などさまざまな動画がネットで配信されており、いつでも全て無料で見ることができます。

もちろん、定期的に会場を設けて参加できるセミナーも開催しています。
有名なアナリストや経済評論家の講演がタダで聴けたりするのでおすすめです。

SBIハイブリッド預金

SBIハイブリッド預金

SBI証券は、金融グループ大手のSBIホールディングスが運営している会社です。
SBIホールディングスは、ネット銀行の「住信SBIネット銀行」を運営しています。

こちらも評判の良いネット銀行なのですが、住信SBIネット銀行とSBI証券の両方の口座開設をすると、「SBIハイブリッド預金」というサービスが利用できます。

SBIハイブリッド預金は、住信SBIネット銀行の普通預金金利が4倍になる、とてもお得なサービスです。

GMOクリック証券
SBI証券
会社四季報をiPhone・Androidで無料で見る方法

SBI証券