会社四季報の本文の見方

このエントリーをはてなブックマークに追加

四季報の本文

会社四季報の一番メインとなるのが、この「本文」の解説です。
実際に企業にインタビューやヒアリングをおこなった東洋経済新報社の記者の視点で、各企業ごとに、「見出し」と「文章」を用いて今後の見通しを伝えます。

本文は前半と後半に分けられる

会社四季報の本文は、前半と後半に分けられます。
どちらも記者のコメントが記載されていますが、前半と後半では解説内容が違います。

前半部分

前半は、企業の今後1年間の見通しが書かれています。
つまり、今期の業績や見通しはどうなのか?ということであり、比較的短期的な視点でコメントが書かれています。

後半部分

後半は中期の展望や新製品などの材料、会社の課題について書かれています。

見出しに注目

コメントを読む上で欠かせないのが「見出しの重要性」です。
今回のトヨタの場合は【1兆円】、【戦略】との見出しが付けられています。

これは企業によってまちまちで、見出しを見るだけでもその企業が今どういう状態にあるのかがわかります。

まとめ

こちらの記事もご覧ください

GMOクリック証券
SBI証券
会社四季報をiPhone・Androidで無料で見る方法